<< 琉球かれんがリニューアルしました | main | かれんシスターズ >>

可憐なイメージ?

しばらくこのサイトへアクセスもしなかった私。
今月に入り、アクセスが1000件を超えています。
まさかまさかのアクセス数に驚きを隠せません。

琉球かれん

この言葉は、とても可憐なイメージがあるんでしょうかね?

沖縄の浦添市で出来たという「かれん」

私が出合ったのは2008年夏のこと。
通っている沖縄三線の店「佐々忠」のご主人が、
『新しい楽器を入手したからやってみぃひんか?』
といって、誘って下さったのがきっかけ。

その時に「はい!」と言わなければ触ることもなかったはず。
けれど、何でもやってみたがりの私は面白がって飛びついたんですね。

で、数人集まって半年猛特訓。
最初は、どのくらいの力で押さえていいのかも分からず、
人差し指がいつも真っ赤になっていました。

今まで、細々とですが続けて来れたのは、ひとえに音色が好きだから。
ポロ〜ンと爪弾くと、それだけで癒されていきます。

今ではすっかり私の癒しアイテムの1つですね。
3人が手分けして産経学園で広めようとしたことも今では懐かしい話。

当時は、特許も取れていなかったし、まだまだ未知数の楽器でしたからね。
関西に上陸し、広めていくにはちょっと早かったのかしら?

今でも月一で数人が集まり、一緒に爪弾いていますが、
やはり、一緒に合奏するだけでとても気持ちがよいものです。

浦添では、
子どもさんには、リトミック教育。
ご高齢の方には、リハビリとして。
様々な形で楽器を愉しんでいただいているようです。

このサイトへご訪問の皆さま。
少しでも興味がありましたら、是非、一緒に爪弾いてみませんか?
現在、月一回程度、佐々忠にて練習会を行っています。
第1、第3水曜の朝 10時〜11時30分の練習が多いですね。

まずは、体験からでもOKです。
楽器をいきなり購入するのは、やはり高いですから・・・。

楽器を購入いただき、数人集まれば出張だって可能です。
使い方は、あなた次第です。
簡単に弾くことの出来る「琉球かれん」
可能性を秘めた不思議な楽器を是非一度お試しくださいね。

お問合せは、下記まで「まちゃりん宛」にどうぞ!
macharin☆osyaberi.com
(☆マークを@に変更してください)
macharinco * ことのは * 20:41 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ