<< 新しい仲間 | main | 三線との合奏曲 >>

かれんケースver2

寒くなりましたねぇ。
気が付けば年が明け。
遅ればせながらごあいさつ…。
今年もよろしくお願いします。

 さて、かれんを始めてずいぶん経ちました。
ココでの記事も、気づいたら50件超えてた。
あらら。そんなに書いていたのね。
昨年はココを一時閉鎖するなど色々ありましたが、
今年は、またぼちぼちを書きますね。

さて、そこで。
まずは、以前にも頑張ったケースのカスタマイズ。
懲りもせずバージョン2に挑みましたよ。
今回は、身近なケースが活かされました。

そう。三線のソフトケースです。

今までのタイプだと入らなかったんだけど、
最近出回っているものは、一回り中が大きくなっているの。
おかげで、たぶん入るだろうと・・・。
 






そこで、バージョン2のカスタマイズとなったのであります。

新しいケースを買ってすぐに解体作業って・・・。
ホント、もし入らなかったらどうするんでしょうね〜。
そんなことは、とんとお構いなし。

三線の棹を押さえるために用意されている部分を
容赦なく剥ぎ取ります。
これがなんと中にビスでがっちりと固定されていて。
意外と時間がかかります。
そりゃあもう、三線を動かないように留めておく部分ですからね。

 がっつり剥ぎ取ったら
 こんなんが出てきました。

 ふむふむ。
 
 根元は木製で、
 上は硬めのスポンジなのね。

きれいに剥ぎ取ると、取ってしまった部分も穴はあまり気になりません。
もし、気になったら、アップリケみたいに当て布をしてしまつしましょう。

ちなみに私は、何もしていません。

で、どうなったかというと・・・。
 






あらま。
こんなにきれいに入りましたぁ。

で、使ってみた感想。

それがね〜。意外にもぴったりフィット。
背負ったときに背中部分の当たり具合は、
不思議と三線を背負ったときよりも良い気がします。
かれんは、全面的に平面が当たるからなんでしょうね。

で、電車に乗る時など、背中から降ろして地面に置くと、
コツンって音がします。やはり、ここは薄いのね。
そこで、底の部分にかれんを拭くため布を敷くとばっちり。
クッション代わりになるのでとてもいい感じです。

昨年に作り変えたバージョン2のかれんケースで、
今年は、お仲間の方々と楽しく演奏していきま〜す。
macharinco * あれこれ * 20:49 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ