<< 今月の一曲 | main | 奏でる >>

新たな試み

GWの最終日。
産経学園奈良登美ヶ丘にて行われた琉球かれん&沖縄三線ミニ演奏会。
おかげさまで無事に終了しました。

本屋さんの片隅なので、あまり大きな音は出せない場所ながら、
今回、新たな試みとして、楽器にマイクを取り付けて演奏しました。
少しでもかれんの音色をより良い形で愉しんでいただきたいですから。

そして、曲もGW用に数を増やしてみました。

今回は、『せいくらべ』 と 『こいのぼり』が仲間入り。

今回のために改めてせいくらべの歌詞を調べてみると…。
何故、柱のキズが去年は無いのか?
という疑問が解決しました。

作詞家(海野厚)の弟さんの視点から書かれているらしく、
去年は、静岡の実家に帰れなかったので、
おととしのキズと今年の背丈の違いを唄っているものなんだって。
しかも、最後に富士山が出てきて。
日本一の山、富士山と弟が背比べしている訳ね。
さすが、静岡出身! と納得しちゃう私。

フムフム。奥深い。

こんなエピソードなんかを繋ぎでMC入れながら、
◯さんとかれんシスターズはいろんな曲にチャレンジしていきます!
演奏場所に合わせて、童謡やポップスを増やしながらね。

そのためにも我らが◯さんの三線独唱は欠かせません。
マイク無しでもしっかり響く三線の音色とステキな唄声。
自然とお客様が集まってくださるんですよ。
もちろん、今回も。
一時、お愉しみいただけたでしょうか?
演奏を聴いて下さった皆さん、
ありがとうございました。
macharinco * 演奏&体験 * 23:59 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ