<< 宣材の準備 | main | クリスマスプレゼント >>

OKフォームと命名?

先日、お稽古終わりのこと。

私達が普段お稽古で使っているかれんの教則本以外にも
製本された教本が2冊あったので、お仲間と共に見せてもらっていた。
琉球かれんの音色に興味が出始めたこともあって、今後どんな曲があるのか? 
比較的簡単で楽しく弾けそうな曲は? などを調べるためだった訳。

そこで・・・。
エライものを見付けてしまったのだ。
弾き方というか、ピックの持ち方が写真と若干違うということを工具

初めて疑問を抱いた私。

持っている教則本を検めてみる。
すると、そこにはサムピックに人差し指を軽く添えている写真。

あらら。
私達、みんなフォームが正しくないんでない?

なんせ、オリコーって書いてあるんだものね。
ほぼ全員が5本の指を開いてオリコーポーズだった。
おひとりだけ5本の指が全部丸くなって軽く握ってる感じ。 

う〜ん。これって今後の演奏に影響あるのかしら?
トレモロとかするには人差し指を添えていた方がいい気もするけれど。
ということで、大正琴の本をみて研究。
大正琴はおにぎり型や涙型のピックを持っていたりするから、
基本は2本の指で押さえて残りの指は添える、お仲間のと同じタイプ。

けれど・・・。
だとしたらオリコーのポーズにはならないんじゃない?
もう一度教則本の写真を見てみた。
どちらかというと、親指に人差し指を添えるだけの形。

つまり。
型と型のちょうど中間が良いフォームだということが検めて分かった。

ということは・・・。
オリコーポーズというよりも、OKフォームと教えるのが良いんだと判明。

今からフォームを改めるのが良のかは分からない。
けれど、今後教えることになるならば、
一番良いとされている弾き方も出来なきゃなぁ汗
日々、研究と追求って必要なんですねぇ。
macharinco * あれこれ * 01:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ