<< 驚いたぁ | main | 琉球かれんの音色 >>

オリコー

箏では、絃をつまむような感じで弾いていくけれど、
琉球かれんでは、絃を撫でるような感じで弾いていく。
楽器それぞれの特長は、こうした所から生まれるんだろう。

琉球かれんの教則本には、オリコーとある。
弾くときのコツは、オリコーだと。
琉球の言葉で、『いい子』という意味って書いてある。
いい子、いい子って頭を撫でてあげるような感じってことらしい。

関西で言うところの『いい子ちゃん』『オリコーさん』の事だよね。
関西って何にでも『ちゃん』や『さん』を付けたがるけど、
やっぱ、いい子ちゃんよりオリコーさんの方が格が上なのかなぁ?

オリコーさんでなかった私には、
オリコーオリコーするように絃を優しく撫でるって感覚が難しい。トホホ。

しかーし!!!
琉球かれんは、オリコーでない人も簡単に扱うことが出来るのだぁ〜〜〜〜〜!
頑張れ、私!
macharinco * ことのは * 15:43 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ